頻尿の症状が抑制される|尿失禁ライフとお別れをしよう|医師が救済をしてくれます!

頻尿の症状が抑制される

老人

40代の女性に多く見られる尿漏れですが、薬物療法で治療をすることも可能です。抗コリン薬という薬があり、治療の際この薬を利用することが多いです。抗コリン薬で尿漏れを改善している方は9割ほどいると言われています。それほど、抗コリン薬は効果があるということが分かるでしょう。膀胱の筋肉に効果があると言われており、服用することで筋肉の強張りを緩和してくれると言われています。膀胱が収縮することで尿意を感じてしまいますので、お薬でその症状を抑えることが大切です。この抗コリンは膀胱に尿をたっぷりと溜める働きもしてくれますので、頻尿を防ぐことも出来ます。急な尿漏れの症状を感じなくなるでしょう。

尿漏れの治療方法として抗コリン薬を服用する方が多いですが、その際は注意をしなければならないこともあります。それが、副作用です。副作用は口渇や便秘、目のかすみなどが表れると言われています。しかし、近年は副作用があまり出ないタイプが開発されている途中のため、今後の効果も期待出来るでしょう。抗コリン薬を服用してもしも、副作用が表れた場合は、医師と相談をして量を減らす、薬を変えるなどすると心配ありません。尿漏れの治療薬は抗コリン薬以外にも、β受容体刺激薬があります。こちらも筋肉の緊張を解してくれる役割をしてくれますので、効果は抗コリン薬に似ています。

治療をするために薬を服用することも大切ですが、薬だけに頼らずトイレ訓練なども自分でしてみると良いでしょう。そうすることで、更に尿漏れ治療の効果が表れます。医師に相談しながら治療を進めることで、症状は改善されます。